赤ちゃんを守る成分|適切な治療を受けて自律神経失調症を改善しましょう

適切な治療を受けて自律神経失調症を改善しましょう

家族

赤ちゃんを守る成分

服用

免疫力向上や内臓脂肪減少

ラクトフェリンは人間や動物の母乳に含まれているたんぱく質で、免疫力の向上効果が成分です。お腹の中にいる胎児はお母さんの免疫で守られていますが、産まれてからは自分自身の免疫で身体を守らなければいけません。そのため、お母さんの初乳には多くの免疫力向上効果があると言われていますが、ラクトフェリンも初乳に多く含まれており、赤ちゃんの免疫を向上させるために働いてくれています。また、他にも近年の研究により内臓脂肪の減少効果によるダイエットや高脂血症の予防や改善効果、鉄分と結合することで体内へ鉄分が多く吸収されるようになるので貧血の予防や改善効果、腸内環境の改善など、多くの健康への効果が期待されているためラクトフェリンは多くの注目を集めています。

腸でしか吸収しない

ラクトフェリンが動物の母乳に含まれているのならば牛乳を飲めばラクトフェリンが摂取できると考えるかもしれません。しかしラクトフェリンの特徴として熱や酸に弱いというものがあるため、スーパーに並んでいる紙パック入りの牛乳は加熱されていますし、人間の腸は強い酸性の胃酸が分泌されているので腸にたどり着いたころにはラクトフェリンは失われているとも言えます。ラクトフェリンは腸でしか吸収されませんので、腸にまできちんと届けられるものでなければ牛乳などを飲んでも意味がないのです。そこで利用したいのがラクトフェリンのサプリです。腸に届いてから溶ける腸溶性として製造されていますので、効率よく吸収することができるようになっています。